短レスまとめ13「船を追尾してくる筋骨たくましい人間・かんなんぼーし」他

332 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:2000/10/21(土) 21:57

お客さんたちの死相

家が商店だったから、子どものときからよく店番やらされていたけど。
常連のお客さんが、買い物にきた翌日とか、一週間後に突然死ぬってことが、
ある年、続いた。
そのとき、死相って、なんとなくわかった気がした。
母親が三度めに入院したとき、今度は生きて退院できないんだなとわかって
悲しかった。一ヶ月後に死んだよ。
それで最近、鏡をみるたび・・・・、やっぱりやめとこうか。こんな話。
実話じゃシャレにならんでしょ。

注目の記事リスト














———————————————————————

じいちゃんが見た人魚

22 :コピp:02/11/29 22:06

うちの母方のじいちゃんは、宮崎県のウド神宮の奥の海(入っちゃいけないところ)で、素もぐりの最中人魚を見たと言ってました。
視界を遮るほどの海草は、髪の毛だったらしく、その奥に、真っ白な美貌の顔が、笑っていたそうです。
それと目があってしまい、その日からじいちゃんは名手ともいわれた素もぐりを一切やめてしまったそうです。

水死体なのでは・・・?と思ったりもしますが、わたしは人魚と思いたい。

ちなみにじいちゃん、人魚を見た後、信じられないくらい女性にもてる様になったとか。
おかげでばあちゃんは相当苦労したそうです。
人魚の魔力をもらったのかな・・・?

 

———————————————————————

船を追尾してくる筋骨たくましい人間

100 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/05 01:35

屋久島のはるか南、中ノ島という離島に行ったときの話。
その島はすごく不便な島で定期船が非常に少なく漁船をチャーターして渡る事になった。
渡航中に夜になり、船室から出て小便をしようと船尾にたった。
すると船のはるか後方をまるで船に曳航されているかのように同じ速度で追尾してくるものがある。
なんだろう??と目を凝らすとそれは筋骨たくましい人間の上半身であった。
そいつはまるで曳航されてるかのように船を追尾してくる。
うおおお!と叫び声をあげるとなんとそいつは”うぉぉお~”とあくびをしたのである。

急いで操舵室の船長のところに行くと彼は”何か見ましたか?”と意味ありげに笑った。
怖くなって到着まで船室に篭もり切ったのはいうまでもない。
あれはなんだったのか・・。

管理人
管理人

きんに君で脳内再生されたわw

———————————————————————

ハイヒールを履いた女性

きのう池袋線練馬駅で見た光景。
漏れが電車から出てホーム歩いてると、若い女がうつぶせに倒れていて、
周りで人が心配そうに見てるわけ。なんか、ハイヒールだったし、多分
電車から出ようとしてコケて額からホームの石畳に激突したとかそんなんか?
で、10秒ぐらい倒れていて、その人はやっとヨロヨロと立ち上がって、友達?に
支えられながら5,6歩進んだら、また倒れて石畳にゴツン、と大きい音だして
頭が激突。普通倒れても、手でかばったり、膝を先について頭蓋骨を守ろうと
するじゃない? そういうのが全くない、一番重い部分が重力で加速して
真っ逆さまに落ちるみたいな倒れ方。
漏れは駅員さんに見たことを伝えて帰ったけど、正直、あの女性の
頭蓋骨に大ヒビが入ってたり、これから機能障害残ったり、果ては死んだり
してても驚かないな。今も頭がコンクリに叩きつけられる音が耳に残ってる。

家に帰って、妹と姉に、下手にハイヒール穿くのはヤメレ、と言った。

———————————————————————

かんなんぼーし

406 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/30 00:00

高校時代、新島に仲間といくのに東●汽船を使ってた
そしたら、夜中の2時くらいに便所にいこうとおもったらデッキで別の団体が大騒ぎしてる。
「あれあれ!いるよ、いるよ!!」って指差す方向みたら
なんか白いもやみたいなのが、100本以上光りながら海の上をスーッっとあっちこっちに動いている。
しばらく見てたら消えたが、マジこわかった。

その日はお盆だったけど、島では「かんなんぼーし」っていって海で死んだ人が島に戻ってくるから扉を閉める忌み日だった

 

———————————————————————

山道で佇む美女

ある山道での話―

とある走り屋の車が山道へ入ろうとしたとき、
白い服を着た女を見つけた。

長い髪の毛が顔にかかっているものの、なかなかの美人だったので、
助手席の男がナンパ目的で声をかけた。

しかし、女は何も答えなかった。
無視されたと感じた助手席の男は
「バカ!ブス!」などの暴言を吐いて、
運転席の同乗者に車の発進を促して山道へと入っていった。

山道をドライブしていてしばらくすると、バックミラーに白い何かが写った。
『なんだろう?』
と思い、よく見てみると、それは先ほど声をかけた女でした。

女は髪を振り乱し、おまけに四つんばいになって車をものすごい勢いで追いかけてきた。
おんなの形相はたとえようのないくらい怒りに満ちていたという―

管理人
管理人

そりゃ怒って当然だわw

コメント

タイトルとURLをコピーしました