武田鉄矢がテレビで喋っていた怪談「タクシー運転手」

4 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:2001/04/15(日) 10:09
武田鉄也が十年ほど前にテレビで喋ってたネタ。
たまたま乗り込んだタクシーの運転手の喋ってた話が「怖くないのにすごく怖かった」。
ある雨の夜、そのタクシーの運ちゃんが新宿のMビルの前で客をひろった。
客はどこといっておかしなところのない、普通のサラリーマン。
行く先は渋谷Kビル。道中、不思議なこともなく、Kビルに到着。
客をおろしたとたんに、こんどは若い女がタクシーを止めた。

注目の記事リスト














行く先は新宿Mビル。
珍しいこともあるもんだと思いながら、運転手は折り返し新宿に車を走らせる。
なんと、この夜は四往復、おなじことがつづいたそうだ。
その次の夜も、新宿の、そのビルの前を通りかかると、必ず客がいる。
そして、なぜか客が手をあげる瞬間、まわりにはタクシーの姿が見えず、
その客をのせざるをえないことになってしまうのだという。
のせると必ず行き先は渋谷Kビル。
客はみんな普通の人たちで、挙動不審な様子はかけらもなし。
怖くて新宿にはいけなくなったと、その運転手は話していたらしい。
5 :4:2001/04/15(日) 10:15
もうひとつ。つい最近、友人の身に起こった出来事。
京都に住んでいるその友人、二年前に自転車を盗まれたらしいのね。
盗まれたのは京都駅の烏丸口近くのビルの前。
まぁ、自転車を盗まれること自体よくあることなんて、
ぶつぶついいながらも新しい自転車を買ったそうだ。
そして、つい先週の話。
友人が、マンションの自転車置き場に自転車を置こうとしたら、
いつも自分が自転車を置いている場所に、見慣れない自転車がおいてある。
新しい住人が越してきたのかと近づいてみてぎょっとした。
カゴのへこみ具合、スポークの錆び具合、どうみても二年前に盗まれた自分の自転車とそっくり。
でもまぁ、同じ形の自転車なんて山ほどあるわけだし、と気をとりなおそうとしたとき、そ
の自転車のカゴに突っ込まれた白い物体に気づいた。
よーくみると、それは雨と日焼けで真っ白に変色した、二年前の日付のヤングマガジン。
友人はたしかに、自転車を盗まれたとき、その雑誌をカゴの中に入れたままにしていたそうだ。
ちなみに、駅から友人のマンションまでは十キロほど離れています。
6 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:2001/04/15(日) 10:20
 
>>5
こわい

コメント

タイトルとURLをコピーしました