田舎他のひいばあちゃんの寝室には部屋いっぱいの大きなベッドがあった→ふと見ると、ベッドのシーツが丸く膨らんでおり・・・

353 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/10 23:47

僕は十歳、弟は六歳だった。田舎の親戚の家へ遊びに行った時の出来事。
家というより屋敷と呼ぶのがふさわしいような、古いけれと立派な建物だった。
その日は大人たちがみな出かけていて、僕と弟だけで留守番をしていた。
屋敷の一番奥にあるひいばあちゃんの寝室で、僕はマンガを読み、普段は騒がしい弟もその時はおとなしく絵本か何か読んでいた。
日当たりも風通しも悪い部屋だったけれど、なぜか僕らはそこがお気に入りだった。

ひいばあちゃんというのが、もう八十を越す年齢だったけれど、若い頃からハイカラな趣味の人で、その屋敷の一番奥の和室に絨毯を敷き詰め、部屋がいっぱいになるほどの大きなベッドをしつらえていた。
足やら頭のとこの板に浮き彫りが施してある豪華なベッドで、その時はシーツだか上掛けみたいなので覆われていた。
薄いピンク色のつるつるした生地で、たぶん絹だったと思う。

注目の記事リスト













354 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/10 23:49

マンガに飽きたのだったか、それとも何か気配を感じたのだったか、僕がふと目を上げると、ベッドの真ん中のところのシーツがぽこっとまるくふくれていた。
ちょうどバレーボールくらいの大きさだった。
何だろうと思って見ていると、その丸いのが上に持ち上がるような感じで、ふくらみが成長し始めた。
しゅるしゅると衣擦れの音を立てながらみるみる大きくなり、ちょうど子供が体育座りをしているような形と大きさになって、もうちょっと大きくなればシーツの裾から下が見えると思ったその時、
「うーわー」と弟が間抜けな声をあげた。
びくっという感じでそれは動きを止め、一、二秒そのまま固まったあと、スッと一瞬でいなくなって、ふんわりと優雅に波打って皺になったシーツだけが残った。
恐いもの知らずの弟が駆け寄ってめくってみたが、何も変わったものは無かった。

 

 

355 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/10 23:50

その晩夕食の席で弟がそのことを口に出した。
「あのね、今日ね、ひいばあちゃんのベッドがね、こう、むくむくって……」
普段から突拍子も無いことを言い出す奴だったので、大人たちがみなはいはい良かったねと聞き流す中、ひいばあちゃんの皺だらけの顔が一瞬ニヤリと笑った――ように見えた。

三年後ひいばあちゃんが他界した時、弟はもうあの出来事のことを忘れてしまっていた。
それからすぐに屋敷は取り壊され、例のベッドも一緒に捨てられたものと思う。
あの時はシーツの中を見れなくて残念に思っていたが、今は声を出してくれた弟に感謝している。

コメント

タイトルとURLをコピーしました