私「すみません、道をお聞きしたいんですが」爺「この辺はよく出るよ、この時期は気を付けた方が良い」私「ヒッ」

114 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/05 21:54

阿嘉島に一人旅していた時です。
潜らないんだけどダイビングショップにお邪魔をし、ダイバーの皆様とお話をして、ひとりで宿まで帰るところでした。
既にあたりは真っ暗。
行った時は薄明るかったので、風景が変わっていて、そのうち道にまよってしまいました。

小さい島なので虫の声だけで、本当に静かで、民家もまばら。

どうしようと思いながら、とりあえず宿があるであろう方向にうろうろと・・・。
でも、どうも宿にたどりつかない。
もう、道を聞こう!と決心をし、明かりのついている民家を訪ね、「すいませーん」と声をかけると、しばらくたってからおじいちゃんが出てきてくれました。
そして道を訊ねると、本当にすぐそこだったんですけど、「この辺はね、よく出るんだよ。たくさん兵隊さんが死んだからね、この時期はね、気をつけたほうがいいよ」と言われ・・・。
その時3月半ばでした。私はその時初めて、慶良間諸島は激戦区だったことを思い出しました。

注目の記事リスト














さらに、「心配だから、あなたがそこのかどを曲がるまで見ててあげるから、早く行きなさい」とまで言われ・・・。
かどを曲がったらすぐ宿があったんですけど、曲がるまで、20メートルほどでしたか、生きた心地はしませんでした。
結局霊感も何にもないので、無事に宿へたどりつき、また、島から帰ってくることもできましたが・・・。
それ以来離島での夜は、ひとりでいるのは怖いのです。
時期的に、そう、今時分は・・・。

 

 

115 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/05 21:55

そう…兵隊さん、結構浮かばれていないようです…
私は宜野湾の普天間基地サイドの3回に住んでいますが、毎日、母親が留守番をしています。
ある日の夕方、母が窓の外にふと目をやると、何人もの兵隊さんが窓の外を歩腹前進しているのを見たそうです…。
3階だから、周りに何も無いはずなのに…
怖くなかったねー?と聞いてみると、
「彼らは、何も悪い事しないから怖くないよ。きっと自分たちが死んだのわからないんだねー。」
そう、うちの母親は見える人なんで、そういうの慣れているんです(^^ゞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました