【意味怖】心霊スポットで一夜を過ごすことになった→夕食のカレーを作る準備にとりかかったんだが・・・

1: 以下、名無しにかわりまして裏島哲郎がお送りします:2004/04/04(日) 04:44:44.44 id:Ur4Ma6T

友人ABCと俺の4人で心霊スポットで一夜を過ごそうという話になった。

もちろん俺は遠慮したがBが行こうぜ行こうぜうるさいので嫌々行くことした。

山道に入って30分後、心霊スポットに到着。

テントを張り、夕食のカレーを作る準備にとりかかる。

カレーの材料は全てAが持ってくることになっている。

俺「ちゃんとカレーの材料持って来たんだろうな、A」

A「ああ大丈夫だ、人数分きっちり買ってきたからな」

まぁ几帳面で数字にうるさいAのことだ、心配は要らないか。

注目の記事リスト
















俺「やっぱり外で作るカレーは美味いな!」

A「だな。小学校の宿泊研修以来か」

C「宿泊研修か・・・懐かしいな」

俺「夜中に別の班の部屋行ったりしてなw」

・・・おっともうこんな時間だ、さっさと寝よう。

それにしても心霊スポットにしては何も起きて・・・ない・・・のか?

何か起きてるような気がするがまぁいいや。

明日の朝は残りのカレーでも食うか。

 

 

几帳面で数字にうるさいAは、カレーの材料を人数分きっちり買っているはず。
それなのに、「明日の朝は残りのカレーでも食うか」と、カレーが残ってしまったことがわかる。
ここで彼らの会話を追うと、「行こうぜ行こうぜ」とうるさかったBが何も発言していない。
これは不自然である。
つまりBは…
「俺」は「何か起きてるような気がするが」と違和感を覚えているようだが、それはBがいないということだろう…

コメント

タイトルとURLをコピーしました