釣りをしていると青年が話しかけてきた→おにぎりをあげ、缶コーヒーもついでにあげようと振り返ると・・・

299 :釣り師:02/12/21 00:24

私が3年前に三浦半島の剣崎と言うところに釣行した時の話です。

その日は黒鯛を狙い磯のポイントに陣取りこませを撒きながら、じっとウキを見つめていました。
朝からいて、なにも釣れなく昼になりました
コンビニで買ったおにぎりを昼食にして、のんびりしてると年のころは19~24ぐらいの青年が「釣れますか?」と聞いてきたので
いや~今日はさっぱりだね、などといろんな話しをして竿を出して釣りをはじめると、なぜか後ろで黙っているんです。

注目の記事リスト















それとなく腹がへってるのかと思い
「兄ちゃんおにぎり食うかい?」と聞いてみました。
すると、頂きますと言って食べていたので、あ~やっぱお腹すいていたんだな、と思いました。

海に行くとのどが渇くのでけっこう飲み物はもって行くので缶コーヒーもついでにあげようと思い「にいちゃんホレッ!」と後ろを向いた、せつな既に青年の姿は消えてるのです。
磯から陸まで100メートルはあろうかと思う距離を
おにぎりを食べた後帰るのは大人でも10分はかかります
私はそのとき幽霊でもご飯をたべるんだな~と妙な恐怖を感じました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました