大震災の復興工事をしていると「熱い、熱いよ…」と声がした→「生きてる人がいる!」と急いで瓦礫を取り除いてみたら…

1: 以下、名無しにかわりまして裏島哲郎がお送りします:2004/04/04(日) 04:44:44.44 id:Ur4Ma6T

僕は阪神大震災を経験しました。
そしてこの話は復興工事のバイトをして 居る時に起こった経験です。
地震から1週間たったぐらいでした。
友達にさそわれて瓦礫の始末のバイトをしていた時の事、 そこは火事で家が焼けてしまって周り中ほとんど灰だらけでした、
「寒い寒い」といいながらせっせと瓦礫をかたずけていました。
ふとある一角から声がするのです…。
「熱い、熱いよ…。体が溶けそうだよ…。」
今にも消え入りそうな声でぼそぼそと聞こえてきました。
僕は「うわっ、まだ生きてる人がいるっっ」
と責任者(Aさんとします)を呼び声がしたほうの瓦礫を 今までにない位の力でどけました

注目の記事リスト















ん?何もない…。
Aさんに「お前何ふざけてんねん!!こんな時に!!」
かなりこっぴどく怒られました、
僕はあれ~確かに声がしたのに位しか思っていなかったのですが 大きな間違いでした。

次の日また同じ現場で それが判ってから今日は行きたくないなぁと思いながら 出発の準備をしてました。
ん?地震が来たような気がしました。
家族に「またゆれたねぇ」
などと話したんですが 家族の反応は????でした。
「えっなんでゆれたたやん。」
何度聞いても家族は首を横に振るだけでした
そして家を出てAさんが車でくるのを待っているときでした。
また家を出る前に感じたゆれです。
今度はさっきより激しさを増していました
そのゆれで立っているのもままならない状態でしゃがみ込んだその時です。
「熱い!!!!!!」
僕の右手には黒く焼け焦げた2本の手がしっかりと組み付いていました。
「うぎゃぁぁぁぁ!」
かなりでかい声で叫んでました。
も~死に物狂いでその二本の腕を振り払おうとするのですがしっかりと絡み付いて離れません。
反対側の道路から僕の名前を呼んでいるAさんの声がしました僕はふらふらしながらAさんの車に乗り込みました。
2本の絡みつく手は いつのまにか離れていました。
しかしAさんの様子がおかしいのです。
僕が「どうしたんですか??」と聞くとAさんは「お、お前大丈夫か??さっきお前の腕に黒焦げの人間がしがみついてたで…」
そして捕まれた腕には読みにくかったのですが「熱いよ、助けて」とゆう文字が火傷になっていました。
そして昨日声が聞こえたところをよく探してみるとそこには瓦礫だと思っていた物が実は…

黒く焼けコゲた骨がそこら辺にいっぱいでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました