お墓の近くに住んでいるおばあさんが人の気配を感じ起きると和服の女性がいた→その女性の立っていたところを翌朝掘り返してみると…

428 :私のパパはお坊さん:2001/07/16(月) 00:58

暇だから書いてみる。面白くなかったらスマソ。

うちの近所にお墓がある。
そこに1人で住んでいるおばあさんが体験した話。

ある夜、そのおばあさんは布団に入って眠っていたが、人の気配を感じて起きたらしい。
だが、そんなことは日常茶飯事なので放っておいてそのまま眠った。
すると、次の日も眠っていると何者かの気配を感じ目が覚める。
その日も「無視して眠ってしまおう」と思ったらしいが、何故かなかなか寝付けない。
何者かが部屋を歩き回る気配がする。
おばあさんは目を閉じてやりすごしていた。

何分たっただろうか。その「何者か」が出て行く気配がした。

注目の記事リスト














「こう安眠を邪魔されてはこっちも不愉快だ。」

おばあさんは、外へ出て行った「それ」を窓から見た。

「それ」は和服姿の若い女性だった。
その女性は墓と墓の間の通路のような所で立ち止まると、ふっとそこへ吸い込まれるように消えていった。
おばあさんは思わず外へ出ると、「それ」が消えていった所に持っていたマッチ棒を刺して、目印にした。

429 :私のパパはお坊さん:2001/07/16(月) 01:00

次の日、そのマッチ棒を突き刺した場所をスコップで掘ってみた。
すると、中から古びた骨壷が出てきたのだ。

「誰某何々 享年○○」

そのおばあさんは住職をしているうちの父に連絡し、事情を話しその墓場まですぐに来て欲しいと
伝えた。
父は墓場へ行き、何時もより何倍も丁寧に(ワラ お経をあげた。

その日からおばあさんの家には何も現れなかった。
数日後、おばあさんは父にこんなことを言った。

「お陰で私のところにはあの人はやって来ない。だからあんたのところに今日あたりお礼に
行くかもしれないよ」

終。

430 :私のパパはお坊さん:2001/07/16(月) 01:02

あああー、なんかネタっぽくなっちゃったけど、実話です。
私はおばあさんの最後の一言が一番怖かった。
だって、いくらお礼を言う為でも、うちに来て欲しくないし・・・
しかも、父曰く「未だにお礼には来てない」らしい(ワラ
薄情な幽霊さんですねー。

・・・つまんなくってごめんね。でもこれくらいしかないんだよー・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました