弟「妹のベッドの上の知らない女がいた。目逸らしたら消えた。」私「私も見た!妹に言っとく?」弟「うーん、まぁ良いんじゃね?」→結果www

277 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/04/30 23:45

妹の部屋の話。
彼女の部屋は北向きで、仏間の真上に位置する為か、妙なことが時々起こる。
夏休みのある日の昼のこと。
弟がその部屋の前を通りかかると、戸が半開きになっていた。
何気なく中を見ると、妹のベッドの上に知らない女がいる。
女は、ベッドから上半身がずり落ちそうな体勢で、仰向けに横たわっていた。
長く黒い乱れ髪が床の上に広がっている。
女は弟に気付く様子もなくただ宙を見つめ続け、弟がふと視線を逸らした一瞬の隙に姿を消した。弟はそれを気のせいだと思い、誰にも話さなかった。

注目の記事リスト














それから2日たった昼のこと。
私がその部屋の前を通りかかると、またもや戸が半開きになっている。
私は、ベッドの向う端にいる女を見た。
床に座ってあごをベッドに乗せている。
真っ黒な長い髪が、ベッドの上に乱れかかっている。
女は、なにかを見ているようで何も見ていないような目を、宙に投げかけていた。

私は慌てて部屋の戸を閉め、弟に自分が今見たものの話をした。
すると前述のように、彼も同じような体験をしていることと、女の外見が一致していることがわかった。
私たちは、妹にこのことを伝えるべきかどうかを話し合った。
結局、変に怯えさせることもあるまい、様子がおかしくなったら話そう、と結論を出した。
そして、戸が開いていたら中を見ずに閉めよう、と。

「最近、妙に変な夢ばっかり見てさー。よく眠れないんだよね」と妹が言ったのは、それから3ヶ月後のこと。
「実は…」と話した私と弟は、彼女から平等に飛び蹴りをいただきました。

 

管理人
管理人

妹からしたら洒落にならない話だわなw

コメント

タイトルとURLをコピーしました