罪人が縄で引き立てられ辿り着いたのは断頭台だった→首を固定され、処刑人がギロチンの刃を落としたその瞬間…

385: 245 2007/09/07(金) 22:36:53 ID:mp6qCgoU0

 彼は罪人だった。
 盗みを働いたのか、姦淫を犯したのか、魔女狩りなのか、
 理由は分からないがとにかく彼は罪人だった。

 舞台は中世のヨーロッパ。
 縄でしばられとぼとぼと引き立てられていく彼を、
 沿道の庶民たちが哀れむような、面白がるような、嘲るような視線で見つめる。
 聞くに堪えない罵詈雑言も投げかけられる。
 だがそれも仕方がない。だって彼は罪人なのだから。

注目の記事リスト

 空気は蒸し暑く、石畳から照り返す陽射しが彼を苛立たせる。
 どれぐらいこうしているのか。いったいいつまで歩かせるつもりなのか。
 俺をどこに連れて行くつもりなのか。
 その答えは、本当は彼も知っていた。でも信じたくはなかった。

 やがて彼方に、断頭台が見えてきた。
(つづく)

 

387: 245 2007/09/07(金) 22:39:25 ID:mp6qCgoU0

 ああ、やっぱり。俺はここで死ぬんだろうか。
 人々は彼をギロチンの下に引き据えた。

 死を待つ間、彼が何を考えていたのかは分からない。
 死にたくない死にたくないと念じていたのかもしれない。

 死刑執行人は、重たげな斧を振り上げ、ロープに打ち降ろした。

 がっちりと首を固定された彼には見えないが、
 その瞬間ギロチンの刃が滑り降りた。

 死にたくない!死にたくない!

 うなじに物凄い衝撃を感じ、彼は・・・目覚めた。
 ベッドの傍らには、
 本棚から滑り落ちたと思しき一冊の分厚い本が転がっていた。

「偶然落ちてきた本が俺の首に当たった。
 だからあんな夢を見た。
 つまりさ、
 俺が見た長い夢は全部、
 本がぶつかってから、俺が覚醒するまでの
 コンマ何秒かの間に創りあげられたものだったんだ。
 俺は、そう思う」

 

管理人
管理人

たまにすごく長い夢を見たのに、

ものの5分も経ってなかったりすることあるよね

コメント

タイトルとURLをコピーしました