見える人のピアノの先生から、ガーゼひとつで治療を行う医者の話を聞いた→子供心に「バカな」と思っていたんだが…

365: 本当にあった怖い名無し 2008/03/06(木) 21:41:25 ID:6gqQ6Lja0

1/2

小学生の頃はピアノを習っていたんだが、家に教えに来てくれていたピアノの先生というのが、見える人だった。
レッスンが終わるといつも、母に並んでその女先生との世間話を幼いなりに楽しんでいた。
これは、当時聞いた先生のオカルト話の中で、今思い返しても気になるもののひとつだ。

先生は、ある特殊な病院に行ったことがあると言う。
病院というよりは、個人経営の接骨院のような小さな施設、という設定にオレの頭の中ではなっている。
さて何が特殊なのかと言うと、その治療法。

注目の記事リスト

















どんな症状の人でも治療できたかはわからないが、例えば胸の辺りに激痛が走る症状を診てもらったとする。
患者は手術台のような台の上に寝かされ、裸の上に一枚布をかけられる。
すると医者・・・ではないんだろうが、治療者はガーゼを丸めて円柱状にした物をつまみ、患者の胸に当てる。
と、次の瞬間、ガーゼは一瞬患者の体内にスルッと入ったかと思うと、赤黒く染まって出てくるという。

366: 本当にあった怖い名無し 2008/03/06(木) 21:41:56 ID:6gqQ6Lja0

2/2

ピアノの先生曰く、そうやって患部の悪い血だけを抜いて治療してくれると言うのだ。
本当に血液を直接ガーゼに染み込ませているのだとしたら、かけている布と、皮膚と、血管を貫通していることになる。
子供ながらに「バカ言っちゃいけねぇよ先生( ´ー`)=3」とか思った気もするが、宿題が増えると嫌なので非難は避けた。

さらにピアノの先生の話では、その治療院の先生が患者の体に手をかざすと、内臓や骨が透けて見えるという。
ピアノの先生が実際に自分の胸の辺りの内臓を見たと証言したときは「じゃあ明日そいつ学校連れてこいよ」と内心。
しかし彼女は、他国文化のうんちくでも話していたかのようにサラリと語り終え、
まだ疑いの視線を送るオレを一瞥してコーヒーを一口含んだ。

本当にそんな治療法があるのだろうか。
ガーゼ型のスタンドなんて聞いたこともない。
だが、記憶では行こうと思えば行けるような、割と敷居の低い治療院となっている。
情報が集まれば調べてみたいオカ医院である。

 

管理人
管理人

ジョジョのスタンド使いの医者

と言えばチョコラータ…

コメント

タイトルとURLをコピーしました