小話

小話

【意味怖】二つの実験

とある大学の研究室で、2つの実験が行われた。 1つは、 「人間は固く禁止された行為はやってみたくなる」 という実験だ。 とある男を密室に1人にして、『絶対押すな』と書かれたボタンを部屋に置き、何時間も待った。...
ほっこりする話

【泣ける話】幼少時、オリジナルのすごろくを婆ちゃんに見せては喜んでいた→数年後、亡くなった婆ちゃんの遺品整理をしていると1冊のノートが出て来て…

オレは小さい頃、家の事情でばあちゃんに預けられていた。 当初、見知らぬ土地に来て間もなく当然友達もいない。 いつしかオレはノートに、自分が考えたすごろくを書くのに夢中になっていた。 それをばあちゃんに見せては 「ここでモ...
ほっこりする話

財産を失くし行商を始めたら、山の中で酷い吹雪に遭い動けなくなった→気が付くと傍らに小さな男の子が歩いているのが見え、一緒に歩いていくと…

724 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/07/10 02:26 ひいじいさんは変な政治家に入れ込んで身代潰して 土地も売っちゃって行商はじめたんだって 雪深い年の暮れに、稼いだ金を持って我が家に向かったんだって 急な酷...
オカルト

人生が十年巻き戻ったが、前の人生を気に入っていたので2周目も同じように過ごしてやろうと決めた→しかし二周目が五年も経つ頃、一周目とは大きく様変わりしており…

1: 名も無き被検体774号+ 2012/10/18(木) 22:38:00.45 ID:oIV6bjxg0 これは多分、君が想像してるのとは、 正反対の話になるんだと思う。 だって、二十歳の記憶を持ったまま、 十歳の時点に戻っ...
モヤッとする話

『死なない蛸』

299: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/05/28(月) 13:00 野生生物板から転載 1 名前:朔太郎 投稿日:2001/05/27(日) 22:50 ID:nWz3hOzk 萩原朔太郎という詩人の作品の中で「...
オカルト

言葉や理性をつかさどる「大脳新皮質」は2人称を判別できるが、大脳は2人称を判別できない→つまり誰かを「氏ね!コロす!」と罵倒したとすると…

テレビとかで、誰かがすっぱそうな梅干を食べている映像を見ると、自分も唾が出てくる あれは何故か? 言葉や理性をつかさどる「大脳新皮質」は2人称を判別できる。 その大脳新皮質が古い脳である「大脳」に指令を出すのだが、...
小話

「あいつは昔から、普通の人にはめったにないことが度々起きた」

117: 自治スレでローカルルール他を議論中 2010/10/28(木) 22:45:34 ID:XWRZ0qPR0 これは俺の友達の友達の親戚の話。まあつまり赤の他人の話だ。 その親戚をAとする。 Aは宝くじを当てたらしい。...
タイトルとURLをコピーしました